オリモノや子宮・卵巣の異常は婦人科で検査を!

外陰部、膣、子宮頸管などの女性の性器の内側は粘膜で覆われています。この粘膜の表面は粘膜内の腺細胞から分泌される液によって潤った状態にあり、この分泌物の量が生理的あるいは病的に増えて膣外に排出されるようになった状態がをオリモノといいます。

女性患者の症状

生理と生理の間や、妊娠中、さらに性的に興奮するとオリモノの量が増えることがありますが、これらは白い色をしていて、かゆみを伴うこともないため心配いりません。しかし、濁って茶色、灰色、黄色、緑色などの色がついていたり、血が混じっていたり、外陰部が痒くなるオリモノはトリコモナス膣炎、カンジダ膣炎などのSTD(性感染症)の可能性を疑い、婦人科の検査を受けることが勧められます。

子宮内膜症は、何らかの原因で卵巣、卵管、子宮を包んでいる腹膜などに入った子宮内膜組織が、ホルモンの働きで増殖、出血を繰り返し、卵巣内に経血が溜まったり、周囲の腸管、骨盤内の臓器との癒着が生じたりするものです。

初経を迎えたばかりの子供や、思春期の始まりの女性にはほとんど見られませんが、思春期後期には見られる症状です。治療が遅れると癒着が酷くなり、不妊の原因にもなるので、激しい月経痛、月経時の吐き気や頭痛、月経時以外の下腹部痛・腰痛、過多月経などの症状がある場合には、早目に婦人科を受診しましょう。

子宮筋腫は、子宮の壁の筋肉にコブのような塊ができる病気で、成人女性の3~5人に1人の割合で見られます。子宮筋腫は良性の主要ですので、すぐに治療が必要というわけではありませんが、筋腫の大きさや発生部位によっては手術が必要になることもあります。月経痛が酷くなったり、過多月経、貧血、月経時以外の下腹部痛、腰痛があったら注意が必要です。

子宮腺筋症は、子宮内膜組織が子宮壁に迷入したこと原因でできる良性の病気で、子宮内膜症の一種です。子宮内膜細胞の増殖により、子宮筋腫と同様に、子宮全体が大きくなり出血量が増えて、月経困難症や貧血などの症状が見られます。

自覚症状のないSTD(性感染症)の拡大

主な STD(性感染症)には、HIV感染症/エイズ、性器クラミジア感染症、淋病、トリコモナス膣炎、尖圭コンジローマ、カンジダ膣炎などが挙げられますが、なかでも、若者の間で増加の一途をたどっているのが「性器クラミジア感染症」です。

婦人科で検査を受ける

クラミジアは、原核生物に分類される病原体で、代表的な症状としては、男性なら尿道炎(排尿の際の痛み、排尿後に膿が出る)、女性はおりものや軽い下腹部痛などですが、男性の約半分、女性の大半はほとんど自覚症状がないまま進行するのが怖いところです。

進行すると、男性は副睾丸炎や慢性前立腺炎を起こします。女性は、子宮頸管や卵管へと炎症が広がり、ニオイの強い膿のようなおりものが出てくるようになります。腹膜炎を起して生命の危険が生じたり、不妊の原因になることもあります。また、クラミジアが目に感染すると、結膜炎(トラコーマ)を起こします。

クラミジアが若い世代に増えている理由としては、性病に関する知識が乏しいこと、パートナーが複数いる、そしてオーラルセックスを行うカップルが多いことなどが挙げられます。症状が現れにくいため、感染の自覚がないまま感染を拡大させているのです。

クラミジアの症状は淋病によく似ています。元々、淋病に似た症状があるのに淋菌が検出されない症例が増えたため、それらを「非淋菌性尿道炎・頸管炎」と呼んでいたところ、その大部分がクラミジアによるものとわかったのです。

エイズ以外のSTD(性感染症)は、治療法が確立されており、適切な治療を受ければよくなります。だからといって、早期発見・治療を怠るのは危険です。治療が遅れると、炎症が拡大して不妊の原因になるという理由だけではなく、炎症によって皮膚粘膜が荒れると、血液感染するエイズの感染リスクが大きく上昇するからです。

また、コンドームの不使用、不特定多数との性交渉など、他の性感染症にかかりやすい要素は、エイズとも共通しています。つまり、エイズ以外の性感染症に罹るのは、二重の意味でエイズへのリスクを高めることになるのです。

医薬品は臨床試験を経て市場に出ます

病院で処方される、あるいはドラッグストアで市販されている薬が市場に出るまでには、厚生労働省が定めた高いハードルを乗り越えなければなりません。新薬の候補となる化合物を発見するための基礎研究は新薬開発の出発点ですが、この段階でも何千、何万というテストを繰り返して、一つの有力物質が見つかるかどうかと言われています。

日本は海外に比べて承認が遅い

その物質が新薬の有力候補となったら、動物を対象とした非臨床試験を行います。既存の薬と少なくとも同等以上の効果を持ち、大きな副作用がないと判断された場合、実際に人間が使用してみることで、その有効性と安全性を確認することになります。この人を対象とした新薬の臨床試験を治験といい、公正で良質なデータを集めるため、その実施には医療機関、治験コーディネーター、臨床開発モニターなどの専門スタッフがかかわっています。

この治験で良好なデータが認められた場合、製薬会社は国に製造・販売の承認申請を行い、医薬品医療機器総合機構が審査を行います。この審査をパスしたものだけが、薬事・食品衛生審議会が新薬として承認することになります。

治験にはその対象によって段階(フェーズ)が分かれており、①健康な成人を対象に、新薬候補の薬剤を投与し、体内でどのように吸収、分布、代謝されるかを調べるフェーズ1、②比較的少数の患者を対象に実施し、その疾患・病状に対して、効果的な用法と用量を調べるフェーズ2、③実際の医療現場における患者に使用することを想定した大規模試験のフェーズ3、となっています。

最近は肥満症改善薬の臨床試験に参加したモニターの身体的データに改竄が行われていたり、あるいは高血圧治療薬「バルサルタン(商品名ディオバン)」の臨床試験に同薬の販売元であるノバルティスファーマ社の社員が関わっていたことが大きく報道されるなど、治験の信頼性が問われる事態になっています。

日本の診療報酬制度とDPCの問題

日本では、個々の診療行為ごとに点数が設定され、医療機関に対しては、提供した医療サービスの点数を積み上げたものが診療報酬として支払われる「出来高払い」が基本とされてきました。そのため、医療機関の立場からすると、必要十分な医療を効率よく提供するというよりも、より多くの医療を提供する方が経営的な面では有利なので、どうしてもそちらのほうに行きがちであります。このことが過剰診療の誘発に繋がってきたと指摘されてきました。

急性期病院でDPCを導入

そこで医療の効率化、医療費抑制を目的に「包括払い方式」が用いられるようになり、2003年には急性期病院においてDPCが導入されました。包括払いでは効率性を求めるあまり粗診粗療を招きかねないという指摘があり、その拡大には批判の声も上がっています。

DPCとはDiganosis Procedure Combinationの略で、1日を単位とする疾病別のほう各評価(投薬、注射、入院など)と、出来高評価(手術、麻酔)を組み合わせる診断群分類包括評価を意味します。DPCによる診療報酬の算定は、診療報酬=包括評価部分+出来高評価部分で評され。

DPCでは注射や検査などが包括化されるため、医療資源をコントロールしようという意識が働き、標準化にむけたクリティカルパスが整備されていきます。しかし、パスの目的はあくまでも医療の質の向上であり、コスト削減が第一も退く敵ではないことを認識する必要があります。

DPC導入後、急性期病院の在院日数は短縮化が進みましたが、空いたベッドに新規患者を入院させることができるかどうかが問題となります。新たな患者が入院させることができた病院は、病床稼働率と回転率を上げ、収益も高めることができますが、うまく行かない病院は空きベッドが増え稼働率が下がり、数年後には規模の縮小を余儀なくされ、後方支援病院への機能転換等を迫られる事態も懸念されています。