病院のリハビリテーション部

医師の指示のもと、患者の身体機能の回復や医事を目的とした訓練の支援を行うリハビリ部では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などをはじめとする様々な医療従事者で構成されています。

病院で行われるリハビリは、専用の訓練室(リハビリ室など)で行われるケースが多いですが、目的が日常生活への早期の復帰である以上、訓練室という特別な場所のみで患者を見ていればよいというわけではありません。

入院生活全体を通して患者の能力を十分に引き出すためには、病棟スタッフとの密な情報交換は勿論、リハビリスタッフ自ら病棟へ足を運び、患者の普段の生活を見ておくことが求められます。トイレや入浴の支援に対して、看護師に助言を行うことなども子の部門で働くスタッフの大切な役割です。

入院・退院時のカンファレンス等にも積極的に参加し、チームとして情報を共有するだけでなく、リハビリの専門家として患者のQOL向上のためにできることを伝えることが、病院内における存在価値を高めることになります。

病院の機能分化が進むにしたがい、心臓等の疾患に特化したリハビリテーションや、病院全体をリハビリの場と捉えて早期介入によって患者の早期退院を目指すための病棟リハビリなど、そのニーズも多様化しています。診療報酬上でも評価の引き上げや加算の新設が相次いでおり、経営安定の面から、病院としてどのように取り組んでいくのか明確な方針を示すことが求められています。